離婚問題を弁護士に依頼するメリット

1.相手と会わずに離婚できる

当事者同士で顔を合わせて離婚について話し合うと、どうしても感情的になってしまい、話し合いが一向に進まないということがよくあります。

しかも、離婚をする際には、財産分与や養育費など様々な条件を決めなければならないため、当事者同士の話し合いで全てを決めようとすれば大きな精神的負担となりかねません。

弁護士介入のメリット

この点、第三者である弁護士が代理人となり話し合いを行えば、相手方も冷静になり早期解決が期待できますし、何よりもご依頼者様が相手方と顔を合わせるストレスから解放されるというメリットがあります。

 

2.有利な条件で離婚できる

ご自身で交渉などを進めた場合、特に相手方のみに弁護士がついたようなときには、知らない間に不利な条件を受け入れてしまっているというような事態に陥りかねません。

弁護士介入のメリット

この点、弁護士はケースごとでどのような離婚条件が妥当であるかを把握しておりますので、弁護士が代理人として離婚条件の交渉などを行うことにより、ご自身で交渉などを進めた場合よりも有利な条件で離婚することができます。

 

3.離婚協議・調停・裁判とすべての段階でサポートを受けられる

離婚を成立させるための手続として、離婚協議(裁判外での話し合い)や調停(裁判所での話し合い)、離婚裁判などがありますが、これら全ての手続を全面的にサポートできるのは士業の中で弁護士だけです。

弁護士介入のメリット

行政書士や司法書士が離婚に関するサービスを行っている場合もありますが、ご依頼者様の代わりに代理人となって相手方と交渉し、離婚調停に同席し、ご依頼者様の代わりに離婚訴訟で裁判所に出廷できるのは弁護士だけです。

 

4.離婚後のトラブルを防止できる

話し合わなければならないことを話し合わずに離婚してしまったケースや、口約束だけで離婚をしてしまい離婚後に約束を守ってもらえないケース、話し合いでまとまった離婚条件を合意書面にまとめたものの不備があり離婚後に紛争になるケースなどがよくあります。

弁護士介入のメリット

この点、弁護士のサポートを受けることにより、離婚をする前に離婚条件を確定させたうえ、その内容を不備のない合意書面にまとめることができますので、離婚後のトラブルを防止することができます。



PAGE TOP