「エネ夫」の特徴

40734-0144「エネ夫」とは、エネミ-(enemy、敵)と夫を合わせた造語で、妻の味方をするどころか、妻を苦しめる敵になってしまう夫のことを批判的に現したものです。

「エネ夫」の特徴

・夫の両親が突然自宅を訪れたり、毎日自宅に来ることについて、夫に注意してほしいとお願いをしても、何もしてくれない
・妻が夫の両親にイジメられたり、ひどい暴言を言われたことを夫に伝えても、「悪気はないんだから」、「お前はなんでそんなこと言うんだ」、「うちの両親の顔を立ててくれ」などと言って両親の味方となり、妻の言い分を聞いてくれない
・夫の両親が妻を家政婦のような扱いをしているが、夫は見て見ぬふりをする
・妻が夫の見て見ぬふりの対応を注意すると、妻に逆ギレをする

このような夫に対し、最初は我慢をしていた妻も次第に我慢できなくなり、離婚を考え、当事務所に相談に来るケースがあります。

「エネ夫」は、妻が離婚したいと言っても、離婚に応じないことが多く、話し合いで解決することができないケースが多々あります。また、夫の両親が色々と口出しをして、状況がややこしくなることもあります。

このような場合、協議ではまとまらず、調停や訴訟に至ってしまうこともあります。

仮に、夫がどうしても離婚に同意しない場合には、民法で定められている5つの離婚原因(民法770条1項)のうちのどれか1つが認められないと離婚できないことになってしまいます。

そして、「エネ夫」との離婚では、基本的に、5つ目の離婚原因である「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」にあたるかが問題となります。

つまり、夫が妻の味方をしないことで結婚生活を継続することが難しいとまでいえるような状況にあれば、裁判などで「エネ夫」と離婚をすることができることになります。

ただ、そのためには、夫からの電話を録音しておく、夫からのメールを保存しておく、夫の発言や行動などをメモしておくなど、普段から証拠を収集しておくことが必要になります。

 

「エネ夫」との離婚を考えている方は、当事務所にご相談ください。

当事務所は、あなたに有利な条件で離婚する方法を提案いたします。



PAGE TOP