中高年の離婚

増加する中高年の離婚

40734-0131厚生省労働省のデータによると、1990年に約2万件であった中高年(50歳以上)の年間離婚件数は、2000年までの10年間で約2.5倍の5万7000件に急増し、2010年には約6万2000件まで増加しました。

中高年の離婚件数が増加をした背景には、大きく二つの要因があります。

1.団塊の世代が中高年をむかえたこと

高度経済成長期に結婚をした世代(いわゆる“団塊の世代”)が、中高年になり、子どもの成人や夫の退職を機に離婚されるケースが多くみられます。特に女性にとって、結婚当時は、男女の社会的な役割分担が明確にされており、夫に尽くすのが当たり前という環境であったことで、長年我慢を強いられてきたということがあります。

それらの不満が蓄積し、離婚に至るというケースがあります。

2.年金制度の改正

中高年の離婚件数が増加した原因として、2007年の年金分割制度の改正が挙げられます。従来は「年金は夫婦であっても別々のもの」として考えられ、専業主婦として夫にどれだけ尽くしてきても、受け取れる年金額は外で仕事をしていた夫よりも少ないということがありました。

これが2007年の法改正により、婚姻中に夫が支払った厚生年金を分割して受給できることになり、これが中高年の離婚のきっかけになったケースもあります。

 

中高年の離婚のポイント

中高年の夫婦が離婚をする際に最も重要となるのが、離婚後の生活をどのように成り立たせるかということです。中高年の場合、子どもは成人をしているケースも多いので、お金の問題が重要な争点となります。

お金の問題の中でも、先に述べた年金分割とともに、退職金の問題が重要になります。

退職金を財産分与してもらえるかどうかはケースによって異なります。

数年後に退職することが明らかな場合には、取得するであろう退職金額をもとに分割してもらえるケースが多くあります。

しかし、退職金の取得がはっきりしない場合には、財産分与が認められないケースもあります。

年金分割や退職金に関する計算や立証、主張の組み立ては複雑な面がありますので、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

 

当事務所は、じっくりとお話をお伺いし、離婚後の生活を守るお手伝いをさせていただきます。

まずは、一度、当事務所にご相談ください。



PAGE TOP