【不倫慰謝料】不倫(不貞)発覚直後からサポートし200万円の慰謝料を獲得した事例

【ご依頼内容】不倫(不貞)慰謝料請求(請求する側)
【ご依頼者様の年代・性別・職業】20代/女性/会社勤務
【相手方の年代・性別・職業】30代/男性/サラリーマン
【結婚歴】3年程度
【別居の有無】同居中
【子ども】1人
【主な争点】不貞(肉体関係)の有無、離婚事由の有無

ご依頼前の状況

夫の所持品から不貞を疑われるような物が発見され、その後、お問い合わせをいただき、ご相談にお越しいただきました。
そして、ご相談者様は、離婚を前提に話し合いをし、夫と不倫相手には適正な慰謝料を支払ってもらいたいというご要望でしたが、現時点における証拠だけでは、仮に夫や不倫相手が不倫(不貞)を否定した場合、離婚を求めていくことや慰謝料を請求していくことは難しい状況でした。
そのため、ご相談者様が離婚したいという意思は変わらないようでしたので、初回相談にて、今後の行動についてアドバイスをいたしました。
その後、メールにて状況の報告をいただきながら、十分と思える証拠が収集できた段階で、正式にご依頼をいただくことになりました。

ご依頼の結果

ご依頼の結果としては、最初は相手方も不貞を否定していましたが、結局、相手方は不貞を認め、ご依頼をいただいてから3ヶ月ほどで協議離婚が成立し、不貞の慰謝料として200万円が支払われることになりました。

解決のポイント

今回、早期解決に至ったポイントとしては、事前に十分な証拠を収集できた点が挙げられると思います。
不貞の責任を追及したい場合には、「相手に気付かれずに証拠を収集すること」が重要です。
不貞を疑われていることに気付いた場合、当然、LINEやメールなどの履歴で疑わしい部分は削除しますし、不貞の証拠となり得るような物は処分するはずです。
そのため、相手が不貞を疑われていると気付いた段階で証拠を集めようと思っても、なかなか上手くいきません。
そして、仮に証拠がない状態で相手に不貞を理由に離婚を求め、慰謝料を請求した場合、相手が不貞を認めればよいですが、不貞を認めないときには、証拠がないために裁判もできず泣き寝入りする結果になりかねないのです。
裁判にならずに解決できることが最も望ましいことではありますが、裁判になってしまうことを想定したうえで証拠を収集しておくことが非常に重要であるといえます。
また、相手に不貞を認めさせることができるか否かで、その他の離婚条件についても有利に交渉できるかが変わってくることがありますので、そのような意味でも不貞の証拠を集めておくことは有益であると思います。

20〜30代の最新記事

不倫・不貞の最新記事

女性の最新記事

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事


PAGE TOP