【不倫慰謝料】300万円の不倫(不貞)慰謝料の減額に成功した事例

【ご依頼内容】不倫(不貞)慰謝料請求(請求された側)
【ご依頼者様の年代・性別・職業】20代/女性/会社勤務
【不貞期間】1ヶ月程度
【主な争点】不倫(不貞)慰謝料の金額

ご依頼前の状況

既婚者の男性との不倫に関し、相手男性の奥様の代理人弁護士より書面にて慰謝料を請求された段階でご相談にいらっしゃいました。
そして、ご相談者様は、相手男性とは既に連絡を一切とっておらず、十分に反省している様子で、相手の奥様には誠意をもって謝罪し、適正な慰謝料を支払いたいという意向がありました。
しかし、相手の奥様の代理人弁護士からの請求額は合計330万円となっており、適正な金額とは言いがたいものでした。
そのため、ご依頼をいただいたうえ、適正な金額になるよう交渉させていただくことになりました。

ご依頼の結果

交渉の方針としては、相手の夫婦が離婚も別居もしない方針という点(このような場合、求償権放棄という方法により慰謝料の減額を認めてもらえる場合があります)や不倫(不貞)の期間が1ヶ月と比較的短い点、こちらから積極的に不倫(不貞)関係を築いたわけではないという点などを中心に相手方弁護士に主張をしていくことにしました。
そして、交渉の最終段階では、こちらの資金状況が非常に苦しい状態であることを資料を示したうえで具体的に説明しました。
その結果、最終的には、慰謝料額を3万円まで減額することに成功しました。

解決のポイント

交渉(特に弁護士同士の交渉)は、論理的な主張を説得的に述べ、いかに相手を納得させられるかが最大のポイントとなることは間違いありません。
しかし、強気な姿勢で法的な主張を述べるのみでなく、いわゆる「お願いベース」の交渉が効果的なこともあります。
今回は、まさに「お願いベース」の交渉が功を奏したケースであったと思います。
ご依頼者様としては、事情をお聞きする限り、本当に資金状況が苦しい様子で、まとまった慰謝料額を支払う余裕がない状況でしたので、資金状況が苦しいことが分かる資料を一通り揃えてもらい、相手方に示したうえ具体的な事情説明を行い、さらなる減額をお願いすることにしました。
その結果、少し金額を上乗せして分割払いにするなどの案もありましたが、結局、30万円の一括払いで交渉が成立しました。
もちろん論理的かつ説得的な主張を全て述べたうえでの最後のダメ押しの交渉ではありますが、「お金がない」という交渉は、相手に信頼してもらえる限りで有効なことも多いです。
当然のことながら、「無い袖は振れない」という言葉のとおり、お金が全くない相手からお金を貰うことは訴訟をしたとしても不可能です(相手を強制的に働かせて支払わせることや相手に強制的に借金させて支払わせることはできません)。
そのため、本当にお金がない場合においては、誠意ある対応をしたうえで、お金がないことを相手に真に理解してもらうことは実は重要なことです。
今回のケースは、そのことを改めて実感できた事例であったと思います。

20〜30代の最新記事

不倫・不貞の最新記事

女性の最新記事

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事


PAGE TOP